限定販売!! 「台湾フェスティバル™TOKYO特製オリジナルドリンクホルダー」

限定販売!!
台湾・廣富號製
台湾フェスティバル™TOKYO特製オリジナルドリンクホルダー

~台湾食文化を通じたエコ活動~

台湾の行政院環境保護署では無料配布のレジ袋削減に取り組んでおり
2018年1月1日より、台湾人の食生活になじみ深いドリンクスタンドなどの持ち歩き用ビニール袋もその対象の一つになりました。今台湾ではMyドリンクホルダーを持ち歩く方が増えています。

折角なら台湾らしいおしゃれなものを持ち歩きたい。
そこで…

「台湾フェスティバル™TOKYO」と台南の有名帆布ブランド「廣富號(クァンフーハァオ)」がコラボした特製ドリンクホルダーが出来上がりました!
これを持って台湾へ行こう!! 

①「パイナップル」ドリンクホルダー 800円(税込)

皆様の繁栄を願い、パイナップルのモチーフを用いて特製ドリンクホルダーを製作!!
これを持って台湾へGO!GO!GO!
でもなぜパイナップルなんだ???
台湾では、パイナップルのことを台湾語で“鳳梨(オンライ)”といい、商売繁盛の意味を持つ「旺來(オンライ)」と同じ読みという事からパイナップル🍍が商売繁盛の象徴として古くから台湾では使われています。街中のお店で見かける赤いパイナップルの飾りはそれが由来です。

②「タピオカミルクティ」ドリンクホルダー 800円(税込)

チェックボックスつきのデザインは台湾フェスティバルの完全オリジナル!
台湾で自分の好みを伝えたくても、伝えられずもどかしい思いをすることも・・・。
そんな時、このドリンクホルダーがあれば安心!
自分の好みにチェックを入れてスタンドで見せれば、好みのドリンクが手に入ります。
去氷(氷なし)<微氷(少なく)<少氷(ちょっと少なく)
無糖(無糖)<微糖(甘さ少なめ)<半糖(甘さ半分に)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※廣富號(クァンフーハァオ)帆布包

台南帆布ご存知ですか?
台南はその名のとおり、台湾の南に位置します。
台南には昔から貿易港があることから、船舶用の布製品=帆布のメーカーが多いのではといわれています。
このドリンクホルダーは、台南の三大帆布メーカーのひとつである「廣富號」の協力で作りました。
「廣富號」では商品一つ一つが職人さんの手作りです。