プレスリリース

報道関係者各位

2018年4月18日

第5回「台湾フェスティバル™TOKYO2018」開催


リリースPDFファイル[ダウンロード

 

一般社団法人台湾を愛する会は、食文化を通じて日本と台湾の関係を深めるため 6月21日(木)~24日(日)に台東区上野恩賜公園・噴水広場にて第5回「台湾フェスティバル™TOKYO2018」を開催いたします。

日本とつながりが深く、異国なのに懐かしい感じがする国 “台湾”
南国ならではのトロピカルフルーツや美味しい食べ物が豊富な国 “台湾”
豊かな自然に溢れ、小さいけど多様な文化を持つ国 “台湾”
訪れた人を魅了し、回数を重ねるごとに様々な表情を見せてくれる国 “台湾”

そんな心からの癒しと活力を与えてくれる台湾と日本の関係を今まで以上に深めるため、毎年台湾の食文化をテーマにイベントを行っています。
2014年の150人から始まり、2015年来場者4万人、2016年来場者5万人、2017年来場者21.6万人、そして2018年の来場者予想は28万人を予定しております。

台湾の日常では、“呷飽沒(チャーパーアベイ)=ご飯食べた?”と食にまつわる言葉から挨拶を交わします。
台湾の“食”を語る上で、挨拶は欠かせません。そこで台湾フェスティバル™では、会場キーワードを“チャーパーアベイ”としています。
来場者の皆さんもお互いに“チャーパーアベイ”と会場では挨拶し合いましょう♪

当イベントのオリジナル企画「台湾ライチ種飛ばし大会」は、旬の台湾産生ライチを食べて種を飛ばし飛距離を競うもので、土日の2日間で1,000名が参加するほどの人気ある目玉企画。
昨年からライチ以外に、日本人が大好きな“愛文(あいぶん)マンゴー”が「台湾フルーツフェア」に仲間入り!
日本で一番早く台湾マンゴーが食べられる・買える台湾イベント♪
当イベントの台湾マンゴーは、季節風が吹き、水はけの良い山肌という環境で低農薬のうえ、牛乳を肥料に栽培した特別なミルクマンゴー。
昨年高くても完売したそのマンゴーが今年も農家直送でやって来る!

そして、昨年大好評だった当会の新企画「台湾ビアガーデン」は、台湾料理を堪能してもらうために円卓による台湾の伝統的な“宴”スタイルの“辦桌(パントォ)”を今年も行います。

円卓で合席となった方との交流が生まれ、台湾を知らない方と台湾の話に華を咲かせて頂きたい。
その時こそ、会場キーワードの“チャーパーアベイ”で挨拶し合いましょう♪

今回は昨年以上に舞台を大きくし、台湾・宜蘭県の原住民“タイヤル族”による伝統的な楽器演奏ナイトライブ、来場者と一緒に歌って踊る「原住民と踊る夕べ」のほか、多くの台湾と縁のある出演者が皆様のお越しをお待ちしておりますし、最近日本に上陸したお店、台湾から参加するお店や厳選された台湾の家庭料理以外に原住民料理なども食べられます。

【開催概要】

【イベント内容】

  • 上野に台湾式 ”宴”スタイルの台湾ビアガーデンが期間限定で出現!
  • 日本で一番早く台湾マンゴーが食べられる・買えるほか、ライチが産直即売される台湾フルーツフェア!
  • ついに今年で累計4,500人以上が参加!!大人気の「台湾ライチ種飛ばし大会」で航空券やライチGET!

【特別企画】

  • 第49回金馬奨(台湾アカデミー賞)受賞「九天民俗技芸団」がアートなお祭り「廟會(ミャオフェイ)」を来日再現(6月21日・22日17時~
  • 台湾原住民・タイヤル族による伝統楽器演奏ナイトライブ♪
  • 本場台湾より特別出店!超レアな美味しい原住民料理
  • からだに優しい台湾朝ごはんを食べよう!(6月24日朝・限定150食) ほか

【クラウドファンディング実施中】
「九天民俗技芸団」が台湾フェスティバルで東京公演
台湾と日本の青少年育成プログラムとして台湾の子供達を招き国際親善交流を行います♪
https://readyfor.jp/projects/taiwanfes2018
クラウドファンディング支援者がゆっくり最前列で楽しく飲みながら「九天民俗技芸団」を鑑賞できる指定席を毎日32席(時間限定&時間制限あり)用意するほか、台湾の伝統的なお祭り化粧(1日5名まで)が体験できます。
*「九天民俗技芸団」とは、台湾映画としては超異例の大ヒットだった2012年映画「陣頭」で出演及び監修を行い、第49回金馬奨(台湾アカデミー賞)を受賞した陣頭パフォーマンスグループ。

【一般社団法人台湾を愛する会とは】
法人化する前の2010年より食をテーマに台湾好きの日本人を中心にSNSを使い、台湾料理店の宣伝および台湾好きの方々の交流を目的として台湾料理食べ歩きラリーを実施しております。
結果、多くの台湾好きコミュニティーの形成と、それぞれが知り合うキッカケを作っています。
更なる両国の健全で融和な友好関係を築くためには、お互いが健康な肉体と健全な精神を養う必要があると考えております。

『食材とは、命であり、その命を尊ぶ事、つまり生命すなわち互いを尊ぶこと。』

“命”を尊ぶ心には、健全な精神が宿る。

我々消費者が食材本来の味、鮮度の見方を知ることで、安く粗悪な食材から身を守り、自然と健全な食生活に戻ることが、両国の農業経済の発展や農業支援につながることになります。

今を生きる者として、お互いの未来世代に残すべき正しい食生活こそ、真の日台交流と信じております。
すなわち、 「台湾での食文化を通して、日本の食文化を考えた日台交流を行う」これが会として最大の目的であり最重要テーマです。

<イベント公式サイト>
http://taiwanfes.org

<ソーシャルメディア>
 facebook
https://www.facebook.com/taiwanfes

 twitter
https://twitter.com/taiwanfes

 instagram
https://www.instagram.com/taiwanfes

 LINE
https://line.me/R/ti/%40taiwanfes

【本件に関するお問い合わせ先】
一般社団法人台湾を愛する会(愛台灣會)
台湾フェスティバル™TOKYO2018実行委員会
広報担当:田中・日之内
〒151-0053 東京都渋谷区代々木4-50-7
TEL: 050-3580-6694
お問合せフォーム:http://taiwanfes.org/ask