台湾フェスティバル™とは

台湾好きによるこだわり台湾イベント

物語は1畳のステージと1人1人の台湾愛から始まった

2014年、台湾好きで台湾を盛り上げたい!そんな気持ちから集まったボランティアと、出演者も居ないタタミ1畳分のステージと出店者もいない状態から始まった...。だからこそ大事にしたい台湾愛。

背景と今

台湾好きの⽇本⼈が集まり台湾の魅⼒を紹介するため、2010年に台湾フェスティバル™を発起したが、東日本大震災で中止となりました。
その際、東日本大震災で200億円以上の多額な善意が台湾から日本に贈られたことは、多くの方の記憶にまだ新しいことかと思われます。
震災前年に法人化した⾮営利団体「一般社団法人台湾を愛する会」は、日本と台湾で様々な寄付活動や台湾を紹介する活動を経て、2014年に台湾フェスティバル™を再起、2015年から5年で累計来場者数が100万人に達する勢いの日本最大台湾イベントとなりました。

台湾フェスティバル™TOKYO2019の様子

開催主旨

台湾と更なる日台関係を深めるため、日本と台湾の食文化交流を通じ、日本政府省庁や各自治体が6月に推進している「食育」月間を啓蒙。
親子で一緒に体験して学ぶ食育、葉酸を多く含む台湾の代表的な果物“ライチ”を使った「台湾ライチ種飛ばし選手権」など、活動の主目的である日本と台湾の心身ともに健康的な日台交流を行っています。

来場者推移

開催年度 会場 ご来場者数
2014年6月 坂戸・聖天宮 150人
2015年6月 台東区・上野恩賜公園 40,000人
2016年5月 墨田区・錦糸公園 50,000人
2017年6月 台東区・上野恩賜公園 216,500人
2018年6月 台東区・上野恩賜公園 227,300人
2019年6月 台東区・上野恩賜公園 252,300人
2020年6月 台東区・上野恩賜公園 2021年9月に延期
2021年9月 台東区・上野恩賜公園 11,000人(入場制限)
2022年6月 台東区・上野恩賜公園 21,000人(入場制限)

台湾フェスティバル™TOKYO2023

2021年と2022年は、武漢由来の新型コロナウィルスの感染拡大防止のため感染防止対策ガイドラインを策定し、会場内の導線を変え、また「台湾ライチ種飛ばし選手権」も一旦封印することで、多くの方に安心して頂けるよう開催いたしました。
2023年も状況を鑑み、必要に応じて感染防止対策を行って皆様をお迎えいたします。

 

イベントチラシPDFファイル[制作中

◆開催日時◆

2023年6月15日(木)~18日(日)10時~21時(最終日19時)
台湾ライチ種飛ばし選手権 ※当面自粛

◆開催場所◆

東京都立上野恩賜公園・噴水広場

【主  催】
一般社団法人台湾を愛する会(愛臺灣會)台湾フェスティバル™実行委員会

【協賛企業】
交渉中

【後  援】
進行中